安全なキャットフードランキング

安全性で選ぶキャットフードランキング!

カナガンキャットフード

 

カナガンキャットフード

対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な成分
  • 粗たんぱく質37%
  • 脂質20%
  • 粗繊維1.5%
  • 粗灰分8.5%
  • 水分7%
  • 炭水化物19.21%
  • エネルギー(100gあたり)390kcal
価格 (1.5kg)3960円
特徴 穀物不使用、動物性原材料70%・野菜とハーブ30%、ヒューマングレードの原材料、化学添加物不使用

 

カナガンキャットフードの公式サイトには記載されていませんが、問い合わせたところ、この0.09%という数値でした。
そのほかに、グランベリーが配合されていて尿がアルカリ性になるのを防ぎストルバイトになりにくいよう配慮されています。そのため、シュウ酸カルシウム尿石ができやすい猫には向いていません。


イギリス産平飼いチキンを60%以上使っているので食いつきが良かったです。
穀物を一切使っていません。代わりに糖の吸収が穏やかなサツマイモを使用しているので、少なめの量でも満腹感を得られる様子でした。

 

高タンパク・低炭水化物で栄養バランスが良く、運動量や代謝に合わせて給餌量を調節するだけで、どの年齢の猫にも合わせられます。
ハーブとオリゴ糖、プロバイオティクスの働きで、お腹の調子も良かったです。うんちは少なめになりました。

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • タンパク質をしっかり摂らせたい
  • 穀物アレルギーがある
  • 多量の穀物でお腹を壊しやすい

 

カナガンキャットフードの体験記

 

モグニャンキャットフード

 

モグニャンキャットフード

対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な成分
  • 粗たんぱく質30.00%
  • 脂質16.00%
  • 粗繊維3.00%
  • 粗灰分6.00%
  • 水分7.00%
  • オメガ6脂肪酸2.95%
  • オメガ3脂肪酸2.08%
  • カルシウム0.62%
  • 代謝エネルギー374kcal/100g
価格 (1.5kg)3960円
特徴 穀物不使用、白身魚63%、ヒューマングレードの原材料、化学添加物不使用、カロリー控えめ

 

モグニャンキャットフードの公式サイトには記載されていいなかったため、問い合わせたところ 0.12% と回答をもらいました。
アルカリ性から酸性にpHをコントロールするようにグランベリーが配合されています。


低脂肪で高タンパク、そして消化吸収の良い白身魚が主原料のフードのモグニャンキャットフード。
開けたとたんお魚の香りが!いや、お魚と言うより出汁の香りですね。
いかにもペットフードという香りではなく、私もおいしそう!と思ってしまったほど(笑)

 

香りにつられるのか、毎回モグニャンを開けると走ってきてパクパクおいしそうに食べてくれます。
トッピングすることを考えて控えめなカロリーのフードなのですが、我が家の猫ちゃんはトッピングなしで大満足。
体調や毛づやも良くコチラの面も問題なしです!

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • タンパク質をしっかり摂らせたい
  • 体重のコントロールが必要
  • 穀物でお腹を壊しやすい
  • ドライフードだけでは食が進まない

 

モグニャンキャットフードの体験記

 

 

シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフード

対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な成分
  • 粗たんぱく質31%
  • 脂質14%
  • 粗繊維1.5%
  • 粗灰分8.5%
  • 水分7%
  • エネルギー(100gあたり)357kcal
価格 (1.5kg)3960円
特徴 サーモン53%使用、猫に多い疾患に配慮した材料、低カロリー低炭水化物、ヒューマングレードの原材料、化学添加物不使用

 

マグネシウムの値が少し高めですが、こちらもグランベリーが配合されています。
もちろん健康な猫であれば問題ありません。


穀物不使用ではないですが、消化吸収がしにくくアレルギー源となりやすい小麦とトウモロコシ粉の代わりに、胃腸の負担の少ない米を使用しています。
消化の負担が減ってお腹の調子が整ったのか、うんちの嫌な臭いが減りました。

 

主原料がヘルシーなサーモンなので、ランキング内で一番脂質とカロリーが低く、タンパク質を落とさず太りにくい食事ができます。
尿路結石ケア、毛玉ケア、関節サポートができる材料が含まれていて、サプリメントを足す必要なく健康管理ができました。

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • チキン・ラム肉アレルギーがある
  • 小麦・トウモロコシの摂取を控えたい
  • インドアで運動不足
  • 代謝が落ちてきたシニア

 

シンプリーの詳細 シンプリー体験記

 

 

ジャガーキャットフード

 

ジャガーキャットフード

対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な成分
  • 粗たんぱく質 40%
  • 粗脂肪 20%
  • 粗繊維 3%
  • 粗灰分 9%
  • ビタミン 26IU/kg
  • ビタミンD3 300mg/kg
  • エネルギー(100gあたり)384kcal
価格 (1.5kg)3852円
特徴 血糖値の上昇が穏やか・穀物不使用・動物性タンパク質80%以上・人工添加物不使用・ヒューマングレードの原材料

ジャガーキャットフードの公式サイトにはマグネシウムの含有量の記載はありませんでした。

 

公式サイトにあった連絡先に電話して聞いてみました。
『何パーセントかは資料に記載がないのでわかりませんが、1kgに175mg含まれています』とサポートの方が教えてくれました。

 

1mg=0.001g ⇒ 175mg=0.175g なので、一般的なフードに比べて少なめですね。(※療法食ではありません。)
下部尿路疾患予防のためにグランベリーや抗酸化作用が高いブルーベリーも配合されていますので、充分配慮されたフードです。


チキン、鴨肉などの動物性原材料を80%以上使用して、栄養面だけでなく味や香りでも満足感を得られたようです。
穀物不使用で、炭水化物が少ないので血糖値の変化が緩やかになり、空腹時のストレスを減らせます。
脂肪分も控えめで、給餌量の調節だけで子猫からシニアまで対応できます。

 

今までのキャットフードには無かった高麗人参や生姜などの、健康維持に役立つ生薬やハーブが数多く配合されています。
ポリフェノールの豊富なビルベリーと、サーモン由来のオメガ3脂肪酸とアスタキサンチンで、アンチエイジングも期待できそうです。

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • 穀物アレルギー
  • 皮膚や毛並みが気になる
  • サプリが苦手

 

ジャガーキャットフード公式ジャガーキャットフードの体験記

 

 

ファインペッツキャットフード

ファインペッツキャットフード
対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 オーストラリア
主な成分
  • 粗たんぱく質32% 
  • 脂質21% 
  • 粗繊維5% 
  • 粗灰分6.5% 
  • 水分10% 
  • 炭水化物35.2% 
  • エネルギー(100gあたり)420kcal
価格 (1.5kg)初回限定1000円 通常価格3429円
特徴 消化吸収率87%、化学添加物不使用、ヒューマングレードの原材料

 

フード自体がph5の弱酸性で、食べると中性になるように配慮されています。
ストラバイト結晶の予防と言う点では、問題ありませんね。
そのほかにしっかりとお水を飲むことや適度な運動も必要です。


材料の安全性と高品質にこだわっているメーカーで安心できます。主原料にラム肉・鶏肉・鮭肉など、様々な食品を少しずつ使っているので、アレルギーのない子向けです。

 

小麦とトウモロコシは使用していませんが、オートミール・大麦・米を使用しています。そのため繊維質が他のメーカーよりやや多いです。

 

消化吸収率とカロリーが高いので、一日分の給餌量が少量になり経済的です。場合によっては食事量が半分近くまで減るので、今まで食べる量の多かった子はフードの切り替えに時間がかかったり、物足りなく感じたりするかもしれません。食いつきは良いですが、ゆっくり食べさせないと吐く事が多かったです。

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • お肉・穀物のアレルギーがない
  • 小食・食欲が少ない
  • 成長期の栄養補給

 

ファインペッツの詳細 ファインペッツ体験記

 

 

オリジンキャットフード

オリジンキャットフード
対応種 年齢 全猫種・全年齢
原産国 カナダ
主な成分
  • 粗たんぱく質42%
  • 脂質20%
  • 粗繊維3%
  • 粗灰分8%
  • 水分10%
  • エネルギー(100gあたり)406kcal
価格 (340g)1296円 (2.27kg)6696円 (6.8kg)14040円
特徴 穀物不使用、動物性原材料80%・野菜と植物20%、低炭水化物、ヒューマングレードの原材料、化学添加物不使用

 

オリジンキャットフードも低めの値です。
本来猫が自然に食べるものにこだわっており、高評価のフードです。
ただ、価格が高めなのが難点。


野生動物の食事の再現にこだわったメーカーで、野菜類も低GI食品しか使っていません。
高タンパク質・超低炭水化物で、少量で猫に必要なタンパク質が摂れます。

 

しかし、猫にとって代謝しやすいタンパク質中心の食事でも食べ過ぎれば太ります。
インドアやシニアで運動量が少ない子は特に給餌量が減る事になるので、食べ足りなくて不満が出る場合もあります。また、急にタンパク質の摂取量が増えると一時的にお腹の調子を壊しやすいので、フードの切り替えには時間をかけてゆっくり慣らす事をおすすめします。

 

我が家の猫は胃腸が慣れるのに1ヶ月以上かかりました。
タンパク質含有量の影響で、うんちの状態は柔らかくべたつきがちになります

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • 穀物アレルギーがある
  • 運動量が多い
  • 成長期のタンパク質補給
  • おやつ・フードのトッピングに

 

オリジンキャットフードの詳細 オリジンキャットフードの体験記

 

 

サイエンス・ダイエット

サイエンス・ダイエット
対応種 全猫種・1〜6歳
原産国 チェコ (本社 アメリカ)
主な成分
  • 粗たんぱく質30%
  • 脂質18.5%
  • 粗繊維2.5%
  • 粗灰分7.5%
  • 水分6%
  • エネルギー(100あたり)416kcal
価格 (800g)980円 (1.8kg)2030円 (2.8kg)3065円
特徴 独自の極上うま味成分配合、抗酸化成分配合、化学添加物不使用

 

市販のフードの中でも売れ筋の商品です。市販のキャットフードの中ではタンパク質の量が多い方で、着色料や人工保存料などの化学的な添加物が入っていない点が評価できます。

 

しかし、アレルギー源となりやすい小麦とトウモロコシを多く使用していて、穀物アレルギーに配慮しているとはいえません。穀物が原因でお腹を壊しやすい子にも向いていないです。

 

パッケージとサイトには原材料一つ一つの生産地や、詳しい製造方法は記載されていません。大手メーカーですので安全性には気を使っているのでしょうが、そういった点も公式サイトに明記して欲しいなと感じます。

 

こんな猫ちゃんにおすすめ

  • 健康な1〜6歳の猫
  • 食物アレルギーの心配がない
  • メインのフードを切らした時のつなぎ

 

 サイエンスダイエットキャットフードの体験記

キャットフード選びのポイントを獣医さんに聞いてみた!

最近は猫ブームのせいか、キャットフードの種類も豊富ですね。
ネコノミクスによる経済効果は2兆円!なんてニュースもあるほど…。

 

でも逆に種類がありすぎて選ぶのが難しい…。
というわけでキャットフード選びのポイントをかかりつけの獣医さんに聞いて来ました。


総合栄養食を選ぶ

総合栄養食は、これプラスお水があれば必要な栄養素を摂取できるフードです。
とにかくこれが大前提です。

 

最初に肉か魚が表記されているものを選ぶ

猫に一番必要なのは、肉や魚などアミノ酸を含んだ良質な動物性タンパク質です。

 

キャットフードの原材料を見ると、いろいろと書かれていますが、配合量の多い順に記載することになっています。つまり、最初に肉や魚が記載されているものを選ぶのがポイントです。
※療法食は除きます。

 

こんな感じで、最初に書かれでいればOK!

 

○○ミールは避ける!

肉類・ミートエキスなど具体的な名称がないものや、家禽ミール・ミートミールなど
○○ミールと表記されているフードは避けるようにしましょう。

 

ミールというのは砕いた粉状のものです。
こうしたものは、何が入っているのかわかりません。

 

猫に多いストルバイト結晶は、正式にはリン酸アンモニウムマグネシウムといいます。
正式名称を見れば、リンとマグネシウムが含まれていることがわかりますね。
これらの成分は、肉に多く含まれており、特に骨にはリンが多く含まれています。

 

つまり4Dミートが使われていなくても、どの程度のリンやマグネシウムが
○○ミールに含まれているのか定かではないので避けるべきなのです。

 

そのほか、人工保存料や着色料などを使用しているものも避けましょう。

 

以上の結果を踏まえて、条件に合ったキャットフードを選んでみました。